加藤方彦のドイツでの日日~kato masahiko in Germany

Weihnachten

ドイツで過ごすクリスマスは今年が初めて。去年は日本に帰国していたから、実際の街や人の雰囲気をじっくり味わいたいと思う。
学校の学生も大抵は実家に帰って両親と過ごす。クリスマスってどうなの、大事?ってドイツ人に聞くと「退屈だよ」って言うけれど、みんなやはりおとなしく家族のもとに帰っていく。日本でいうとお正月に家族と過ごすのと似ている。それが習慣なんだ。
俺は明日24日はなにをしようかな・・。家でドローイングしてみたい。夕方に久しぶりにお母さんに電話しようかな。。
今Lenaの返信メールを読んで、ドイツ人は議論や対話を好むタイプが多い気がすると思った。
最近よく、学校で日本人や韓国人と飲んだり遊んだりすることが多いから、余計にそう思うのかなあ。でも、何人とか関係ないよね。本当は関係あるけど、気の合う奴、趣味の合う奴はその垣根を取っ払ってしまう。
よし、明日はクリスマスという時間を味わおう!
[PR]

by rethcawred1058hik | 2010-12-24 09:25 | 不定期日記
<< Frohe weihnacht... works 2010 >>