加藤方彦のドイツでの日日~kato masahiko in Germany

制作,そして展覧会

制作と、人間関係のストレスで、日々押しつぶされそうな毎日だ。絵を描くことで創造して自己を発散しているはずなのに、とても苦しい。何故だろう。余計なことが耳に入ってきて、本当に自分の絵について考えていない。自分の描いた絵を客観視して、いやむしろ自分の頭を一回真っ白にして自由に気楽に感じて、発想して、物を作ってみたい。そう、純粋に物つくりがしたいよ。
何故にそんなに窮屈に生活しているのだろう。歌を歌うように、心で感じて、創作意欲が湧いてきて、そしてそこから自分に厳しく作品を作っていけばよいのではないだろうか。

下は今、描きかけの絵
a0182327_9162648.jpg
[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-07-06 09:17 | 不定期日記
<< 「俺の体」 突然休日! >>