加藤方彦のドイツでの日日~kato masahiko in Germany

その後

Jahresでの出来事から時が経過して、俺は先週再びドレスデンに部屋探しにいた。運よく学生寮の一部屋を借りれて、引っ越しも来月に決定した。結局ミュンヘンのアカデミーを去ることになり、偽りの疑惑やいわれのない罵声もあびたけれど、他人がどう思うおうと自分自身では真偽はきちんとわかっていることだし、自分のやるべきけじめもつけたつもりだ。だからどう思われようと関係ない、胸を張って生きればいいさ。
そう、過ぎ去ったことは早く忘れて、今月はまだミュンヘンに残って荷物の整理や、夜は皿洗いのバイトをして過ごす予定だ。今日は今から俺の絵を見たい来客があって、少しドキドキだ。絵は売れるのかな?
[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-08-07 20:51 | 不定期日記
<< 吉報を待つ 人生 >>