加藤方彦のドイツでの日日~kato masahiko in Germany

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


人生

「人生」って重い題だけど、この7月中に本当にドラマのような日々が俺の前で起こっている。
あの事件がきっかけで俺はココに留まるべきではないとはっきりと確信して、自分の居場所を探して旅に出た。運よくDresdenにて席を見つけて、気持ち新たに再出発しようと今はあわただしく準備をしていたところだが、その際の今日の出来事だ。今日はJahresausstellung、学内展の最終日で俺も昨日から学校でゲリラ的に展示したりして忙しく、友達も何人か会えてうれしかった。ここ数日、周りの人の温かみを実感出来て本当に幸せだった。
なのに再びの事件。でも今回に関しては本当に身に覚えのないことだし、前回は俺がやったことは全面的に謝罪したし、出来るだけの償いもした。でも再び同じことが起これば当然俺も無関係ではいられないし、最悪のケースに発展しないことを祈るばかりだ。
a0182327_7315251.jpg

[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-07-25 07:32 | 不定期日記

初心に帰って、、

昨日は自分の人生の中でも、おそらく最悪な日の一つだった。どんなにつらいこと、腹立たしいことがあっても、やっていけないことはある。でも俺はそれをやってしまった。友達の大事なものを傷つけてしまった。そして周囲も裏切る行為、嘘をついてしまった。そしてそこから逃げることばかりを考えていた。もしあの人が説得してくれなければ、俺は一生嘘をつき続けることになっていただろう。でも、きっとその友達にとってはもっと最悪な日だったろうし、おおきなストレスとショックを受けたことだろう。ああ、他人の気持ちになって思いやるって本当に難しい。その人の過去や生い立ちまで理解しなければ、きっと本当にその人の気持ちを理解できないのではないだろうか。

今日俺は自分のやったことを認め、皆に謝罪した。皆は俺の謝罪を受け入れてくれたし、これからの俺のために助言もしてくれた。でも、本当の問題の解決になったのだろうかは解らない。でもとにかく今は自分のしたことを反省しなければ。。今は絵を描くことはとうていできない。
[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-07-09 11:26 | 不定期日記

完成

昨日で夏ゼメのアトリエの使用が最後で、ひとまず時間がないなか、見せれる状態にはなった。あと一週間細部を描きこめたらなあ、と思うが言い訳になるから。
草原は舞台のようなもので、そこに何かドラマ、物語を描ければよいと思ってこの絵を描いた。
「横たわる男」キャンバス、油彩
a0182327_23551515.jpg

やはり展覧会の重要性というか、人に見てもらいたいという欲求、誰かに伝えたいという意思、発表出来ることが絵を描くモチベーションにつながるのは間違いなく、早くその場所を見つけないといけないと思う。
[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-07-08 00:02 | Works

「俺の体」

「俺の体」キャンバス、油彩
部屋で描いた。

a0182327_23455359.jpg

[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-07-07 23:47 | Works

制作,そして展覧会

制作と、人間関係のストレスで、日々押しつぶされそうな毎日だ。絵を描くことで創造して自己を発散しているはずなのに、とても苦しい。何故だろう。余計なことが耳に入ってきて、本当に自分の絵について考えていない。自分の描いた絵を客観視して、いやむしろ自分の頭を一回真っ白にして自由に気楽に感じて、発想して、物を作ってみたい。そう、純粋に物つくりがしたいよ。
何故にそんなに窮屈に生活しているのだろう。歌を歌うように、心で感じて、創作意欲が湧いてきて、そしてそこから自分に厳しく作品を作っていけばよいのではないだろうか。

下は今、描きかけの絵
a0182327_9162648.jpg
[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-07-06 09:17 | 不定期日記