加藤方彦のドイツでの日日~kato masahiko in Germany

<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ビザ延長!!

昨日なんとか外国人局でビザが延長出来た。これで半年後のドレスデン入学まで猶予期間ができた。
アカデミーの事務局の手紙がこんなに効力があるなんて。
とにかく一度ゆっくり休んできちんとやり直そう。先は長いんだから。
[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-09-30 21:14 | 不定期日記

帰国!?

アー、7月からのこの3か月はただ、ビザや入学許可の問題に追われて、何にも制作が進んでいない。場所も時間もないし。あるのは次次とやってくる問題とその処理のための膨大な待ち時間のみ。こんなストレスのかかる状況ではドローイングを描くのが、唯一忘れられる時間。

ドレスデンでの編入も書類不備であきらめざるをえず、ミュンヘンでの復学も断られ、後は日本に帰国するしかない状況。半年後にドレスデンへ編入できるなら、それまで日本で過ごしてもそれほど苦にはならないだろう。明日外国人局へ行ってビザがどう処理されるかが運命の分かれ道!まあこの程度のこと大したことはない、もっと辛いこともあるでしょう。開き直る!!

今は俺はミュンヘンで友達の家に住んでいて、来週には空け渡さないといけない・・。住むところもどうするかな・・?
[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-09-28 19:42 | 不定期日記

ドレスデン滞在中

今回のドレスデン訪問は何度目だろうか。もう5回は来てる。
中心街の土地感も大体はわかるし、今度はもっとコアな所を探してみようかな。。共同アトリエを見学しに行っても面白いかもしれない。
今回は長い2、3週間の滞在になるかも知れないので、WGの一室を借りた。ドレスデンって本当に家賃が安い。それに比べてミュンヘンは考えただけで恐ろしい!!今まで住んでいた学生寮がどれだけ恵まれていたかを痛感する。でも自分で決定したことだから後悔などないけれど。
外国人局に行ったらビザの申請を断られた。学生でないと難しいらしい。これで振り出しに戻ったな。他はミュンヘンで復学するしかビザは確保できない。
でも教授もまたいないし今は待つことしかできない。あー絵を描きたい!!
[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-09-10 03:55 | 不定期日記

部屋探し

友達の家が空いているので九月中はそこに住ましてもらっている。来週からドレスデンに行くので、バイトは昨日で当分入れないだろう。でもなぜかみんな俺が最後だと思って寄せ書きの色紙とか用意してくれてたけれど、そんなこと言ったっけ?また時間あれば働くつもりだし。多分あいつらの勝手な思い込み、自己満足だろうけど、ちょっとだけ迷惑。もちろん色紙をくれるというその行為自体は純粋にうれしい。
でもそれとは別の問題で、俺は、自分の利益しか考えていない人間を軽蔑するし、心の中で殺していく。お前は得してるけれど、他人は損、その尻拭いをしているということに平気でいられる人間を俺は認めないだろう。もしくは本人はそのことについて深く考えていないのかもしれない。俺はそんな人間にはならないようこころがけたい。でも残念ながら世の中そんな人間いっぱいいる。楽だしね、自分のことだけ考えていれば。

でも俺が引っ越すからいろいろ別れや名残りの挨拶をしてくれる友人たちには感謝だ。JaimeとStefie,Jorandaともあって一緒にご飯を食べた。そういえば去年のお別れの際もご飯に招待してくれたなあ。いつか俺がビッグになってご飯に招待するぜ!(笑) そしていつでもドレスデンに来てね。今度会うときはJorandaももっと大きくなっているだろう。またユウコとも久しぶりにゆっくり喋ったけれど、彼女も今ハンスと一緒で楽しそうだし、絵はあんまりよくなってないけれど、そういう生き方していくんだろう。また今の部屋をこころよく貸してくれているSebastian本当にありがとうと言いたい。なにかお礼をしたいんだけど。やはりギブ&テイクだよ。お金ではなく、人間が互いに無償で助け合うことの意味を俺は今実感している。自分ばかりでは絶対ダメなんだ。

そして次の新たな生活に向けて走りださなければ・・。
芸術をこころざすということはたぶん孤独との戦いなのだ。たった一人でポツンとたたずんでいる。周りの無理解や勘違いなど数えきれないほどあるが、それは俺のエゴかもしれないが、それでも一人でもやるって決めたんだ。そういった葛藤を力に変えてたくましく生きていこう。
今日は彫像をドローイングしに行った。同じことの復習かもしれないがコツコツ積み重ねていくこと。
[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-09-05 10:05 | 不定期日記

その後・・

今日一年半住んだ学生寮の部屋を出て、今晩はアルバイト先の事務所の家に居候。なんか帰るところが変わると景色も違って見える。今まで住んでいた閑静な住宅街から、いまここはミュンヘンの中心街Maxmilianstrasseに位置するマンションの一室だ。すぐ近くには高級ブランド店、レストラン、オフィスなどが立ち並んでいる。周辺でずっとウインドウショッピングやカフェめぐりをしてても飽きないし、巨匠クラスの名のある作家の作品が見れるギャラリーもいくつかある。でも友達のセバスチャンが家のカギを送ってくれたので明日さっそくそちらの部屋に移ろうと思う。だからこれは今日一日だけのよい思い出だね。泊めてもらうのはもちろんありがたいけれど、やはりここは仕事場の周りの人の目もあるし、優しく気を使ってくれる人と皮肉や冗談っぽく言う人と両方いて、ずっとここにいるとどちらもストレスの原因になってしまうだろう。だから早めに移動したほうがいいと思う。

さて今は絵を描く禁欲的な毎日ではなく、学校の問題や引っ越しの手筈などで忙しい日々だ。まあ、何とかまだドイツに残って学生を続けられそうなので一安心。そしてこういう俺が困ったときにいろいろ助けてくれる周囲の友達、年上の方々にもとても感謝している。
でもまた近いうちにドレスデンに行って部屋探しやビザの再申請などもしなければいけない。こういう制作時間と場所の確保できない時期は、小さなノートとペンを片手にカフェや公園で1,2時間ドローイングをして気分転換をしている。
「自分のイメージを手で描いて形にするという行為」を常に忘れたくないという気持ちがそうさせているのだろうか。まあ今は焦らずじっくり力を蓄えればいい。
[PR]

by rethcawred1058hik | 2011-09-01 07:15 | 不定期日記